ウインドミルのとき開脚がキープ出来ない?そんな時は開脚チェアの練習しよう!

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ウインドミルの練習はいろいろなことをしないといけないですよねー。

段階を踏んで練習していくと思いますが、初めの方に練習しておいたら良いのがオープンチェアです。

これがしっかり出来ると、回っている時に開脚がしっかりキープ出来たり、崩す時にチェアの体勢でねばれてスムーズに崩して行けたりと、いろいろと良いことが多いです。

特に「ウインドミル練習してるけど、開脚のキープ出来ねーよ!」って方は、この練習で開脚のキープに慣れて行くと良いです。

チェアの体勢で開脚をキープする練習


正式名称は分からないんですが、オープンチェアって呼んでます。とにかく開脚したチェアです。笑

チェアがしっかり安定していれば、それほど難しく感じないと思いますが、それでも開脚のキープがしんどかったりします。

体が硬くても出来る範囲いっぱいに開けば問題ありません。ちなみに僕は開脚90°〜100°くらいしか開きません。(写真ではもっと開いて見えますが、写真マジックです。笑)

しっかり開脚して、体を支えられるようになるまでやりこみましょう!

ウインドミルの2周目にも入りやすくなる

チェアの軸手(肘を差している方)右軸なら左脚、左軸なら右脚を高い位置でキープしてあげましょう。反対に軸手側の脚は上げすぎない事です。実際にウインドミルをやる時は、軸手側の脚は低い位置から振り上げていくので。

そうすることによって上手く勢いをつけながらスムーズに崩しをおこなえます。

上記のことを意識できると、ウインドミル2周目に入って行くのも楽になりますよ。

ウインドミル2周目に上手く入れない人は軸手の反対側の足を上げよう!

まとめ

ウインドミルの時に開脚のキープが出来ない方は、オープンチェア(開脚チェア)を練習しよう!

その時に注意したいのは、脚の位置。

ウインドミル練習時の脚の位置
軸手の反対側の脚を高い位置でキープして、軸手側の脚は上げすぎず低い位置で。

以上、ウインドミル練習し始めの方は、ぜひぜひ練習に取り入れてみてくださいね!