オリジナルのフットワークのネタをかっこよく見せるために大事なこと【やっぱり基礎が大事】

どーも、たむら(@tamura215)です。

突然ですが、オリジナルのフットワークしてますか?

僕はベーシックなフットワークばかり踏んでいますが、たまーにオリジナルのフットワークを考えて踏んでみたりします。


考えるだけじゃなくて、伝授してもらったりもします。

こうやって自分だけのフットワークを作って踊るのも、ブレイクダンスの楽しみ方のひとつ。

今回は、そんなオリジナルのネタを、よりかっこよく見せるために大事なことについて書いていきます。

オリジナルのフットワークのネタをかっこよく見せるために大事なこと

オリジナルのフットワークを踏む上で忘れてはいけないのが、『基礎しっかりが出来てるから、オリジナルが活きる。』ということ。

土台がしっかりしていないと、ただの雑なフットワークに見えてしまうことだってあります。

やっぱり基本は大切です。

名前のついているフットワーク(例えば6歩やスウィーピングなど)には、フットワークを踏む上で大切な要素が、たくさん凝縮されています。

例えば6歩には、

  • 脚を前に出す動き
  • 脚を引く動き
  • 脚を巻きつける動き

などなど、基本的なことがたくさん詰め込まれています。

こういった基本的なことが、しっかりしていると、オリジナルのネタもより一層かっこよく見えます。

究極は基本的なフットワークからオリジナリティが滲み出ること

少し話が逸れますが、究極は基本的なフットワークからオリジナリティが滲み出ることだと思います。

6歩を踏んでも、3歩を踏んでも、シルエットを見ると一発で誰かわかるようなレベル。変わったネタなんかしなくても、その人自身がオリジナル的な。

誰にでも出来るようなことを、誰にも出来ないレベルでやるというのも、ひとつの方法なのかなと。