個性とかオリジナリティについて考えてみる

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ずっとなんとなく腰の重かったのですが、ようやくトップロックとアップロックの練習始めました。


家でも練習しやすいので、今月は家での練習メインにしようかなと思っています。外が暑すぎるのでちょうど良いかも。

個性とかオリジナリティーが生まれるまで

トップロックやアップロックなどの立ち踊りの練習をする上で、色んなbboyやbgirlからステップの踏み方のヒントをもらっています。

まずは真似から入っていますが、しっかり自分のものにしていきたいです。

めっちゃ前にもどこかに書きましたが、模倣から個性は生まれるものだと思うので、個性がしっかり出てくるまでやり込みたいなと思います。

特別変わったことをする必要はない

オリジナリティというと、誰もやっていない動きってものを想像しがちですが、僕はみんなと同じ事をやってもオリジナリティは生まれると思っています。

例えば、独特なシルエットだったり、その人特有のノリだったり、そういうものが個性とかオリジナリティにつながります。

真似しても、真似しても、出てしまう自分の部分ってとこですかね。そういうにじみ出るものって本当にかっこいいです。

まとめ

個性やオリジナリティは模倣から生まれる。そのためにはまず真似から入ってOK!

特に変わったことをしなくても、やり込めば自分だけのものがにじみ出てくる。