内股フットワークではかかとにお尻を乗せない

どーも、たむら(@tamura215)です。

昔から読んでくれている方はご存知いただけていると思いますが、僕は断然内股フットワーク派です。

内股フットワークを踏むには、とにかく内股を意識しまくることが大事で、その結果だんだん内股で踏めるようになってきます。

そうやってどんどん体に覚えさせていくのですが、いくつかコツもあるので、今回はそれについて書いていきます。

少し難易度高めですが、出来ればかなり綺麗な内股フットワークを踏めますので、是非お試しください。

内股フットワークではかかとにお尻を乗せない

内股フットワークを上手く踏みたいなら、脚が体の前に来た時はかかとにお尻を乗せない方が、綺麗に内股になります。

膝を締めたまま脚を広げて、その間にお尻を挟むイメージです。

内股でお尻を挟み込む
脚の間にお尻を挟む。

この体勢で両ひざを締める(くっつけていく)と、かっこいい内股の出来上がりです。

かかとにお尻を乗せると楽にフットワーク出来ますが、しぶい内股フットワークを作りにくいので、かっこいい内股フットワークを踏みたい方は是非。