プレッツェル【インサイドからアウトサイド】

どーも、たむら(@tamura215)です。

苦手意識の強かったプレッツェル練習中です。

関連記事:シンプルなプレッツェルのやり方【ブレイキンのフットワーク】

色々な種類のプレッツェルがある中で、インサイドからアウトサイドのプレッツェルも練習し始めました。

プレッツェル、インサイドからアウトサイドの流れです。不慣れなのでスムーズではないですが、そこの所はご容赦ください。

プレッツェルの練習を始めて良かったことは、上体の前傾と後傾の切り替えの意識が強くなったこと。

これまで得意ではなかったので、これを機にしっかり練習したいと思います。

ツイートした通り、まだまだスムーズに出来ません。

ただ、流れは掴めたので、忘れないためにもどんなものか説明していきます。

プレッツェル【インサイドからアウトサイド】

大まかには、以下の流れになります。

  1. まずキック
  2. キックした脚をたたむ
  3. 手を着き替える
  4. 体を返しつつ後ろで脚を大きく回す
  5. 両手を着いて体を支える
  6. 回してきた脚を反対の脚の下をくぐらせる
  7. くぐらせた脚を外回りに大きく回す

流れはこんな感じです。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

①まずキック

プレッツェル(まずキック)
まず、一発キックを入れます。

②キックした脚をたたむ

プレッツェル(キックした脚をたたむ)
キックした脚をたたみみます。

体は後ろに向きます。

③手を着き替える

プレッツェル(手を着き変える)
手を着き替えます。

④体を返しつつ後ろで脚を大きく回す

プレッツェル(体を返しつつ後ろで脚を大きく回す)
体を回転させながら、後ろで脚を大きく回します。

⑤両手を着いて体を支える

プレッツェル(両手を着いて体を支える)
両手を着いて、しっかり体を支えます。

⑥回してきた脚を反対の脚の下をくぐらせる

プレッツェル(回してきた脚を反対の脚の下をくぐらせる)
上手いこと体重を移動させながら、回してきた脚を反対の脚の下をくぐらせます。

⑦くぐらせた脚を外回りに大きく回す

プレッツェル(くぐらせた脚を外回りに大きく回す)
くぐらせた脚を外回りに大きく回します。

プレッツェル(くぐらせた脚を外回りに大きく回しきる)
ここまで、円を描くような軌道を意識しましょう。

以上、プレッツェル(インサイドからアウトサイド)のやり方でした。

自分のメモがわりに書きましたが、もしやったこと無いのであれば、これをみながら練習していただければと思います。