逆回りのフットワークを練習して気付いたこと

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

「逆回りのフットワークはした方が良いですか?」ってのは、よく聞かれることのひとつです。

僕の回答としては、「出来るに越したことはことはない。」ですね。やっぱりムーブ中にさっと回転方向を入れ替えるのってかっこいいです。

まぁ結局はやりたかったらやったら良いし、そうでなければ無理にやる必要はないと思います。笑

僕自身はほとんど練習していませんでしたが、この前少し練習した時に色々感じることがあったので、またしばらく練習しようと思っています。

練習してみてわかったこと

ひざの調子が良いと、ついついフットワークがメインの練習になってしまいます。練習前は、「今日はパワーやろう!」とか意気込んでるのですが。笑

その流れでこの前は、久々に逆回りのフットワークを練習してみました。その時に気づいたことがあります。

逆回りのフットワークの違和感が軽減している

普段あまり踏まない逆回りのフットワーク、久々にやってみたのですがなんか前ほど違和感を感じない。

なんでかなと考えたのですが、流すように踏んでいたフットワークを、ここ数年でしっかり踏むスタイルに移行してるためかなと。

普段からしっかり踏むように意識するようになったため、逆周りにした時も1歩1歩しっかり確認しながらフットワークします。そのため、形も昔ほど崩れず違和感なくフットワークすることができました。

動きの幅が倍になる

今持っているフットワークを逆回りでも出来るようになると、それだけで倍のフットワークをストックできます。

フットワークの巻きつけ
出来るフットワークが少ないという方も、回転方向もしくは左右を入れ替えるだけでどんどん幅が広がります。

なんというお得感。笑笑

一瞬だけでもアクセントになる

フットワークに一瞬でも逆回りを入れると、いいアクセントになりますね。

ほんの1歩とか2歩とか、少しだけでも回転方向を変えるとパッと見栄えが変わります。

まとめ

久々に逆回りのフットワークを練習してみたらいろいろ発見があった。

  • 前より逆回りのフットワークの違和感が軽減している
  • 動きの幅が倍になることに気付いた
  • ほんの少しだけでも回転方向を変えるとアクセントになってかっこいい

改めて振り返ると、ええことたくさんありました。笑

これまでは、逆回りのフットワークはそんなに重要視してませんでしたが、これからはその考えが変わるかもしれません。

それについて思うことがあったら、またどんどん書いていきます。