6歩のバリエーションを増やそう【フックの時に脚を地面に着けないver.】

無料メール講座がリニューアルします! 旧講座からまだ移行されてない方は、こちらのページから再登録お願いします。 ⇒無料メール講座購読ページ

どーも、たむら(@tamura215)です。

昨日に引き続き、6歩の踏み方を少し変えて見せ方を変えていきます。

関連記事:6歩のシルエットを大きく見せる方法【あえてフックしない】

今回も、いわゆるフックの部分(脚を体の前で反対の脚に巻きつけるところ)を工夫して、バリエーションを増やします。

6歩のバリエーションを増やそう【フックの時に脚を地面に着けないver.】

Twitterに動画を上げたので、まずはこちらを見てください。

この前、6歩をあえてフックしきらない踏み方を紹介しましたが、今回はフックどころか地面に脚を着けません。

通常なら、動画の中盤の止めてるところで地面を踏みますが、踏まずに脚を後ろに抜いていきます。

脚を伸ばして遠くに振ることで、フットワークのシルエットを大きく見せることが出来ます。

ツイートの通り一回踏まないので、厳密に言えば6歩ではないかもしれませんが、ややこしくなるのでここでは6歩としておきます。


フックの部分で脚を地面に着かずに、浮かしたまま体の後ろまで回していきましょう。

遠くに脚を伸ばしているので、横のシルエットを大きく見せることが出来ますし、遠心力をおもいっきり利用することで、パワーのような迫力を出すことも出来ます。

以上、フックの時に、脚を地面に着けないバージョンの6歩を紹介しました。

シルエットを大きく見せることが出来るので、よければ使ってみてください。