スムーズでかっこいいフットワークを手に入れるために練習時に意識したい2つのこと

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

「フットワークをスムーズに踏みたいなー。」と思われている方いませんか?

僕自身、ブレイクダンスを始めてフットワークにハマりだした頃、めっちゃこんな風に思いました。

同じように「フットワークをスムーズに踏みたい!」と、考えてるっていう読者さんも多少なりとおられると思います。

なので今回は、フットワークをスムーズに踏めるようになるために、意識すべきポイントについて書いていきます。

そもそもスムーズなフットワークとは?

そもそもスムーズなフットワークとは、どのようなフットワークなのでしょうか?

まずスムーズかどうか、人によって感じ方の差がありますよね。そこで、自分なりにスムーズなフットワークとは何なのか研究しました。(一緒に踊っていた友達とあれこれ言いながら。笑)

そうやって研究していると、フットワークがスムーズ(と感じた)なダンサーには、すごく目につく所があったんです。

フットワーク中の腰の高さ
結論からいうと、目に付いたのはフットワーク中の『腰の高さ』でした!

スムーズにフットワークをするダンサーは、地面からの腰の高さが動いていても安定していました。

逆にバタバタに見えるのは、腰の位置が上下にぶれているフットワークでした。

スムーズなフットワークを踏みたいのなら腰の位置を意識しよう

上記のことから、スムーズなフットワークは腰の高さが安定しているということがわかりました。

では、腰の高さを大きく帰ることなくフットワークを踏むにはどこに気をつければ良いのかというと、以下の2つが大事になってきます。

  • 跳ねすぎない
  • 円を意識してフットワークを踏む

少し掘り下げます。

跳ねすぎない

こちらはこのまま。

跳ねると腰の位置が上下してしますので、跳ねすぎ注意です。(あえてそう見せるのは当然アリですが。)

スムーズに滑らかに、フットワークを踏むのなら、腰の位置の上下を抑えましょう。

円を意識してフットワークを踏む

これは、フットワーク全体に大事なことですが、腰の高さを安定させるためにも大事なことです。

フットワーク中の腰の高さを安定させる
足で円を描くように、フットワークが踏めると、前後左右のシルエットが同じような大きさになるので、腰の高さも安定します。

例えばこれが、前のシルエットが極端に大きかったりすると、脚の伸ばし具合やバランスの取り方が変わるので、それに伴って腰の位置もブレてしまいます。

まとめ

スムーズでかっこいいフットワークは、腰の高さが安定している。

smoothなフットワーク
腰の高さを安定させるには、

  • 跳ねすぎない
  • 円を意識してフットワークを踏む

以上の2点を意識しましょう。

フットワークをかっこよく見せるには、手や脚、そして腰といったように色々意識しないといけないので大忙しです。笑

それでもしっかり意識して練習すると、格段にかっこよくてスムーズなフットワークを踏めるようになるので、ぜひ意識してみてください。