スピンの軸を安定させる2つの方法とは?

どーも、たむら(@tamura215)です。

Twitterでいただいた質問。スピンについてです。

その場でのスピンではなく、輪が広がっていってしまうんです。手の位置や、踵をお尻の下に入れて回るなども意識しているのですが…

今回はこれについてお答えしていきます。

スピンの軸を安定させる2つの方法

スピンは、僕も大好きなフットワークのひとつなので、結構こだわりを持ってます。

その中でも、その場で回るということを大切にしていて、そのためには2つのことが大事になるという結論です。

その2つとは、

  • 手の着く位置の固定化
  • 円の軌道を意識した足のスライド

です。

手の着く位置の固定化

ひとつ目のポイントは、手の着く位置の固定化。

質問のtweetを拝見すると、こちらは意識しているとのことですが、一応解説させていただきます。

スピン
手を着く位置は、フットワークをする上で大事なことで、このブログでもしつこ過ぎるくらい何度も書いています。笑

関連記事:フットワーク上達のために気をつけるべき3つのポイントとは?

手の着く位置を決めて、その周りを脚が回っていく(文房具のコンパスのイメージ)ようにスピンします。

手を着く位置を固定化することで、回転の中心が決まるので、いろんな方向に体がブレるのを防ぎます。

円の軌道を意識した足のスライド

ふたつ目のポイントは、円の軌道を意識した足のスライドです。

連続でスピンする際に、回った後に足をスライドするのですが、この時に大事なことは円の軌道を意識してスライドすることです。

ひとつ目のポイントで、手の着く位置を決めたら、その手を中心に足の軌道で円を描きます。

結構前の動画ですが、こちらを見ていただけるとわかりやすいかと思います。

動画のように、円の軌道をなぞるように足をスライドさせていきます。

まとめ

スピンの軸を安定させる(その場でスピンする)ためには、2つのポイントを意識してスピンすると良い。

  • 手の着く位置の固定化
  • 円の軌道を意識した足のスライド

スピンをコントロール出来なくて、ブレてしまうって方には効果的です。

よろしければ参考にしてくださいね。