スムーズにスピンするための2つのポイント

どーも、たむら(@tamura215)です。

僕は、数あるフットワークの中でもスピンが大好きです。

6歩やスウィーピングとは違って体を反転させるフットワークなので、はじめた頃は上手く回れず苦手でしたが、2つの事を意識する様にしてからはスムーズに回れるようになりました。

比較的簡単な方法なので、すぐに取り入れて使っていただけると思います。

手の着く位置を定める

スムーズにスピン出来ない大半の原因は、回転の軸がぶれてしまっていることです。逆に言うとそれさえ改善してしまえば、スムーズにスピンすることが出来ます。

体があっちこっちにいってしまって軸がぶれる人は、地面に着く手の位置が定まっていないことがほとんどです。

このブログではしつこいほど、”フットワークは手の着く位置が重要”とお伝えしていますが、スピンでもそうです。

フットワーク中の手の位置
ですので、おおよそ手の着く位置を決めてそこに手を着きにいきます。すると体もあっちこっちいかないので綺麗に回れます。

ちなみに、体をしっかり返さないと手の着く位置が浅くなりやすいので、しっかりと上半身をひねり込むように返しましょう。

足で円を描く様に回る

足の軌道で体の周りに円を描く様に回ります。はじめはゆっくりでかまいませんので、しっかりと体のまわりに円をイメージしながらおこないましょう。

回った後に少し足をスライドさせると円になりやすいです。(足のスライドについては後日詳しく書きます。)

コンパスのように、手を中心に足で円を描くようにスピンしてみてください。

まとめ

スムーズにスピンするためには、以下の2つのポイントを意識して練習するのが良いです。

  • 手の位置を固定する
  • 足の軌道で円を描く

是非ためしてみてくださいね。