スワイプスの時に体を支えるコツは、キャッチの腕を視野に入れること。

どーも、たむら(@tamura215)です。

先日、『フットワーカーにオススメのパワームーブはスワイプスです。』という旨の記事を書きました。

【初心者向けパワームーブ】フットワークから繋ぐのにオススメの技【結論:スワイプス】
どーも、たむら(@tamura215)です。 僕はかなり地味なフットワーカーなので、「少しくらいパワームーブ...

スワイプスをやる上で大事になることは、やっぱり腰を落とさないように体を支えることだと思いますが、そこが一番の難関だったりします。

特にキャッチがの時にバランスを崩しやすいと思うので、本記事ではスワイプスのキャッチの際に体を支えるためのコツを解説していきます。

スワイプスの時に体を支えるコツは、キャッチの腕を視野に入れること。

スワイプスが出来ない人には、キャッチの際に『腰が落ちてしまう』ことが 共通点として見られますね。

僕自身もその一人だったのでよくわかるのですが、 腰を高くしようとするとどうしても脚ばかりに注意がいってしまいます。

もちろん脚でしっかり踏ん張る、地面を蹴るということなどもすごく大事なことです。

ですが実は、腕や上半身の使い方も大事なので、腰が落ちてしまう方はそちらにも少し注意を向けてみてください。

スワイプス
もしキャッチの際に、腰が回せずに腕だけ回った状態でキャッチしているなら、それが腰が上がらない原因かもしれません。

地面をキャッチする腕が視界に入っていないと、腕だけでキャッチしにいって体が支えられていない可能性が高いです。

腕だけでキャッチしてしまってる場合は早めに上半身を返して、キャッチの腕を視界に入るようにしましょう。(動画参照)

腕が視界に入るようにしてキャッチすると、肩が入りやすくなって体を支えやすくなります。

その結果、腰も高い位置でキープしやすくなります。

腰が落ちてスワイプスが回れないなら、一度キャッチの際にキャッチする方の腕が、きちんと視野に入った状態になっているか確認してみましょう。