フットワーク中の腰のひねりの重要性【スウィーピングやウィップでは必須です。】

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

「フットワークにキレを出したい!」
「フットワークを大きく見せたい!」

フットワーカーであれば、そのように考えると思います。

方法はいろいろとあるのですが、本記事では腰のひねりを使って、大きくてキレのあるフットワークを踏めるようにしていきたいと思います。

大きくてキレのあるフットワークを踏むために、腰のひねりを利用しよう。

先日Tweetしましたが、フットワーク中の腰のひねりは大事です。


フットワークを大きく見せたり、キレて見せたりする事が出来ます。

スウィーピングや、ウィップをする上では必須ですね。

フットワークを大きく見せられる

腰をうまく使えると、フットワークを大きく見せることが出来ます。

腰をひねりながら、脚を前に出す事によって、スウィーピングがかなり大きくなっています。

フットワークをキレて見せられる

腰のひねりを入れる事で、フットワークにメリハリが生まれて、キレが良くなります。

それから、腰のひねりで左右を入れ替えるので、小さな動きで素早く左右を入れ替えることが出来ます。

例えば、左右交互に連続でスウィーピングをする時なんかに、かなり早く入れ替えが出来て、より一層キレて見えます。

まとめ

大きくてキレのあるフットワークを踏みたいなら、腰のひねりをしっかり使う。


どちらも手に入れられるので、腰のひねりを覚えて損はありません。

よろしければ是非。