ウインドミル崩しの際に意識するべき4つのポイント

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンス関連のブログやsnsやってて感じるのは、ウインドミルについての質問がやっぱり一番多ということ。

以前書いた記事を読んで下さった方から、練習中だから助かるというメッセージをTwitterでいただいたので、今日もウインドミルについて書きます。

ちなみに以前書いた聞いはこちら。

ウインドミルをやるならまずこの練習をやっておくべき
どーも、たむら(@tamura215)です。 ブレイクダンスの花形といえるパワームーブ。そしてその代表と...

今回は崩しに着目していきます。

1.軸手側の脚を遠くに振る

ウインドミルの崩しの時の脚
ここです。僕の場合は右脚です。脚を伸ばして遠くに振りましょう。

2.頭を回転方向にスライドさせる

頭をスライドさせないと下半身だけ回ってしますので回れません。

頭を回転方向にスライド(流す)させて回ります。スムーズに崩していく為には大事な事ですね。

3.肘は内にたたむイメージ

肘を体の内側にたたんでいきます。

徐々に小指側に体重をかけていって、ぱたっと倒れない様に耐えながら崩していきます。

肘が螺旋階段を下っていくようなイメージです。(伝わりづらいですかね?笑)

4.軸手じゃない方の手で地面を漕ぐ

軸手じゃない方の手は地面を漕ぎます。

軸手の方に意識がいくと思いますが、軸手の反対の方もしっかり使ってあげます。

地面を漕ぐことで勢いもつきますし、体が回るのでスムーズに回りながら崩しやすくなります。

まとめ

ウインドミル崩しが上手くいかないという方は、以下の4つのポイントができているかチェックしてみましょう。

  1. 軸手側の足を遠くに振る
  2. 頭を回転方向にスライドさせる
  3. 肘は内にたたむイメージ
  4. 軸手じゃない方の手で地面を漕ぐ