ウインドミルの崩しが上手くいかない人の3つの共通点

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ウインドミルを修得するためには、チェアの崩しが重要になってきますね。

初めはこの崩しが上手くいかない方も多いのではないでしょうか?僕はめっちゃ苦労しました。

実際これまで教えて来た生徒もここで苦労することが多かったです。

なので、今回は崩しが上手くいっていない方の共通点をまとめます。あくまで、今まで教えてきた中で感じた共通点です。

ぱたっと背中に倒れてしまう

腕が耐えきれずにぱたっと倒れてしまうと、勢いがなくなって回れません。

ゆっくりスムーズに崩すのが一番難しいと思いますが、ここが出来ると一気に崩しが上手くなります。

軸手の肘を体の内側に折り込んでいくようにして、手のひらから肩、背中の順で地面に着いていくとよいです。

肘を回転方向に、螺旋を描いて崩していくようなイメージで崩していきましょう。

脚が閉じてしまう

オープンチェア
開脚チェアで作った開脚の形をキープ出来ずに崩してしまうと、脚が浮き上がらずに落ちてしまいます。

しっかりと開脚をキープして、軸手側の足を地面に近いところから、すくい上げるようにして脚を振ると崩しやすいです。

頭が流れてない

頭が回転方向に流れていないと、チェアで粘れずスムーズに崩せません。

脚を振り始めたらそれに合わせて、頭も回転方向(後頭部側)に流していくと、スムーズに崩すことが出来ます。

最後に

細かいところはまだあるのですが、今日書いたところだけでも修正出来るとすぐに良くなると思います。

最後に念押ししときますが、僕はパワームーヴ上手くないです。(最近はパワームーヴメインで練習してますが。)

そんなbboyが書いてますので、その辺は忘れずに。笑