ウインドミル崩しの時に脚が地面に着く人が練習時に意識すべきこと

どーも、たむら(@tamura215)です。

ウインドミルの崩しの時に、軸手側の脚が地面に着いてしまうってことありませんか?

僕はここけっこう苦労した思い出があります。

先日のレッスンで生徒のみんなにひとつ改善策を教えたのですが、改善が見られたので今日はそのことについて。

チェアを崩していく時に軸手と反対側の脚を高い位置に持っていく

地元のレッスンでも、ウインドミルの練習を始めたけど脚から落ちてしまって回れないって生徒も数人いるのですが、先日のレッスンであること意識してもらうと改善傾向にありました。

脚を振ってチェアを崩していく時に、振った脚が地面についてしまうメンバーは共通して軸手の反対側の脚が低い位置で止まったままになってしまっていました。

なので、

「チェアを崩していく時に軸手と反対側の脚を高い位置に持っていこうか!」

と、先日のレッスンで生徒にこうアドバイスしたのですが、それからは少しずつ改善が見られました。

ウインドミルの崩し
ここで軸手の反対側の脚を(僕でいうと左脚です)低い位置にとどめてしまうと、軸手側の脚も一緒に落ちてきます。

しっかりと脚を高い位置に持っていくことで、地面に落ちるのを防ぐことが出来ます。

生徒のみんなもしっかりと消化して練習してくれて、効果を感じてくれたみたいです。

まとめ

ウインドミルの崩しの時に脚から落ちてしまう人は、軸手の反対側の脚が低い位置でとどまりがち。

崩していく時に脚を位置に持っていくと、脚が地面に落ちるのを防ぐことが出来る。

以上、よろしければ試してみてください。