ウインドミル崩しの際に気をつけたい足の振り方

ws

どーも、たむら(@tamura215)です。

今までウインドミルついて何度か書いてきました。先月は3記事、ウインドミルについて書いていますね。

ウインドミルを練習中の人がなってしまいがちなこと5つ
ウインドミルの崩しが上手くいかない人の3つの共通点
ウインドミル崩しの際に意識するべき4つのポイント

今日は、ウインドミルの崩しの際に僕が大事だなと思うポイントについて書いていきます。

低い位置から振り上げていく

軸手側の足を振り上げたら回転方向に振っていくのですが、上から振り下ろす様に振ると足が地面に着いてしまうので上手く崩す事が出来ません。

ウインドの脚
なので緩やかに地面すれすれ(地面に擦らないところまで)まで足を下げて、すくいあげる様に高い位置に持っていきます。低くから入って徐々に高くしてくイメージです。

低くから足を振るメリット

メリットはいくつかあります。

遠心力が強くなる

伸ばした足を低くから回す事で大きく振る事が出来て、勢いが増します。さらに大きく見せる事が出来ます。

足が落ちにくい

低い位置から振り上げていくので、久津スト機に足が地面に着きにくい。

まとめ

ウインドミルの崩しの際は、足を低い位置から振り上げる。

以上、よろしければ参考にしてください。