ウインドミル速く回るために練習時に意識したい3つのこと

ws

どーも、たむら(@tamura215)です。

ひさびさにウインドミル回ってみました。


たまに回ると気持ち良いですね。新しい発見もあったしたまには回ろう。

さらにウインドミルの勢いをつけるために

ウインドミルを練習している生徒も多いのですが、連続で回れるようになったら、今度は勢いをつけてスピードを上げていく練習に移っていきたいと思っています。

勢いよくスピードのあるウインドミルはやっぱり迫力があってかっこいいですし。

ウインドミルのスピードを上げていくためには、ざっくりですが3つ意識したいポイントがあります。

脚を伸ばす

まずは脚をしっかり伸ばすこと。

ウインドミルの時に脚をしっかり伸ばす
連続で回れる様になった時って、脚が曲がったりしていても無理矢理回ってしまっている場合もあると思うのですが、より勢いをつける為に形を綺麗にしていきましょう。

脚を伸ばすことで遠心力を大きくして、早く大きく回ることができるようになります。

崩すタイミングを調整する

ウインドミルの時に崩すタイミングを調整する
崩すタイミングがずれていると上手く勢いがのらないので、良いタイミングを見つけましょう。

ちなみに早くなってくるとチェアの肘をさす時間がどんどんなくなっていきます。

返すタイミングを調節する

上手くスピードが上がっていかない時は、返すのが遅くなっている場合が多いと思います。


背中を地面についている時間が長いと、その分勢いがなくなっていきますので、崩したらすぐ返すくらいのイメージでいくといいでしょう。

まとめ

ウインドミルが連続で回れるようになって、さらに勢いをつけてスピードをつけていきたいのなら、以下の3つを意識してみてください。

  • 脚を伸ばす
  • 崩すタイミングを調整する
  • 返すタイミングを調節する

ざっくり書きましたが、よろしければ参考にしてください。